スタバでMacを開いてドヤってた時期が僕にもあります。 でもやめました。 明らかに非行率です。

なんでこんな話をするのかと言えば、実は今日とあるiOS向けのエディタがAppStoreでブラックフライデーセールをしていたのです。 昔はノマド用のアイテムを嬉々として集めていた時期があったなーと思い出したのです。

ということで今日はノマドについてです。

ノマドはトイレに行くのも一苦労

パソコンを使った仕事をしていると、「どこでも仕事できていいじゃん!」なんて言われます。 これは、おそらく僕だけじゃないはずです。 そして、決まって僕は思うのです。

「そんなの幻想だよ」

なんていうか、そもそも論になっちゃうんですが、ノマドじゃ集中なんてできないんですよ。

その最大の理由がトイレ問題。 パソコンは今でも高いデバイスですから、いちいち片付けて持って行かないとならないんです。 最近の都内はかなりの数の外国の方々がいらっしゃいますからね。 海外旅行並みのリスク意識が必要です。

外で飲む珈琲はそもそも高いよね問題

カフェに行くときは最低でも2時間くらいは居たい派でした。

そうするとコーヒーのおかわりが欲しくなるんですが、これが純粋に高い! スタバの2杯目100円コーヒーを使ってみても、たった二杯で400円です。 三杯目には700円です。 この700円ってのは、もはやランチが食べれる値段ですよ。 コーヒーに関する話に限定すれば、カルディでコーヒー豆が1袋分買えちゃうくらいの値段でもある。 そこにコーヒーの原価が30円くらいって情報が加わると、超がつくほど高い買い物、無駄遣いに思えてくる訳です。

それでも歩き疲れた時とか、気分転換したい時は今でもルノアールに行ってしまうのです。 ここはスタバよりも高いですよね。 1杯で600円クラスですから。 ただ、その分キレイだし静かだし落ち着くし、時々お茶もいただける。 僕的には外の環境としては満点に近いです。

とはいえ、1杯600円はやっぱり高い。

カフェは混雑してくると寒い…

カフェにいるとやたら寒いと思ったことありませんか? こういう時ってたいていクーラーがかかってたりします。 そしてほぼ100%混雑しているときです。

やっぱりカフェも回転率が重要な商売ですから、仕事や勉強で粘られても困るんですよね。 学生の頃はサッパリでしたが、いまなら分かります。

カフェとノマドという関係はそもそも利益相反の関係です。 今後もこうした嫌がらせにも似た行為はなくなることはないでしょう。 なにせカフェからしたらノマドこそが嫌がらせみたいなものですから。

とはいえ、クーラーも夏なら分かるんですけど、秋のような寒くなってる時期に露骨に入れるのはさすがにやめてほしいものです。

実は集中したつもりになっているだけなのでは?

そもそもの話になるんですが、カフェって集中できます? あの雑音が落ち着くという人も確かにいるのかもしれないですが、だったらマクドナルドで仕事する人間がもっとイッパイいても良い気がするんですよね。(実際はあまりいないですよね)

僕の勝手な推察ですが、カフェでの仕事(勉強)っていうのは、みんなが遊んでいる空間で仕事(勉強)している自分を演出したい心理から来ている気がします。 僕にもそういう心理があった気がするんです。 だから、実は「集中するため」というよりは、「仕事(勉強)した感じになるため」にカフェに行っているんだと思います。

今では「カフェじゃないと集中できない」というワードが嫌いになってしまいました。 それに、身近なデキる人間を観察してみると、誰もカフェでは仕事なんてしてないんですよね。 そういう人はいつだってフル稼働しているから、こんなことは考えないんだと思います。

僕は家でも集中できる人間になろうと考えた

ノマド自体のデメリットが目立つようになって、ノマドをする自分についても考えるようになりました。 そして、「家だと集中できない」というのは単なる言い訳だ!と次第に考えるようになって、家で集中できる環境を整えることにした訳です。

整えるといっても簡単です。 カフェに投下していた資金を家に向けるだけですから。

毎日300円使っていたなら、年間10万円近くは使ってもいい計算になります。 毎年この資金を家の中に落としていけば、コーヒー豆やコーヒーメーカーなんてのは当たり前で、なんならソファーや音響だって、余裕で揃ってしまいます。 数年もすればパソコンを含めた機材も全て揃って、本当に集中できる空間が作れますよ。

今の僕にとってのカフェとは、おそらくカフェ本来の用途の「休憩する場所」です。 ちなみに好きなコーヒーチェーンはスタバよりもルノアールよりも上島珈琲だったりします。