年末ですね。 年末といえば大掃除です。 僕の方では一足先に大掃除をやっています。 やっぱり部屋がスッキリすると気分がいいですよね。

それで、掃除をしたついでに気分も変えてみようかなと思い立ったので、ちょっと新しいティーポットと紅茶の茶葉を買ってみたのでレポしてみます。

HARIO ティオール・ウッド

購入したのはHARIOというメーカーから出ているティーポットです。 ちょこんとしていて可愛いところに心をやられ、衝動買いしてしまいました。

でも使ってみて分かったんですが、見た目以上にかなり考えて作られたポットです。

ストレーナーが便利です

このポットは内部のストレーナーといわれる網状の金属容器に茶葉を格納する仕組みになっています。 そのためお茶を注ぐ際に注ぎ口が茶葉で詰まったりする心配がありません。 見た目も最後までキレイです。 誰か誘いたくなる感じがしますよね。

さらにさらに、このポットはストレーナーをお湯から引き上げて固定することができるので、お茶の濃さを自由に調節することも可能になっています。

僕はちょっと多めにつくるタイプなので、これが一番嬉しいポイントかもしれません。

分解できます

HARIO ティオール・ウッド 分解
hario.com

こういう商品にありがちなのが掃除がしにくいこと。 でも、このティオール・ウッドは簡単に分解することができるので、そのあたりは問題ありません! 基本的にくるくる回すだけで外れるようになっているので簡単です。

説明書の一部をアップしてみましたが、見ての通りかなり細かく分解できます。 そう頻繁にする訳じゃないですが、分解した際にはなくさないように注意する必要があります。

ジャンピングはできない

紅茶と言えばジャンピングですよね。 でも見ての通りこのポットはジャンピングは不可能です。 自然に抽出というより、自分で上下にゆらゆらさせて抽出することになります。 僕はティーパックもよく使うので気にならないですが、絶対に許せない人もいるかもしれません。 ギフトの際には事前に調査したほうが良いでしょうね。

僕はこの点については完全に妥協して、見た目と機能性を取りました。

茶葉はJanat(ジャンナッツ)のエベレストチャイ

Janatというメーカーは缶がとてもオシャレで、前から気にはなってました。 しかも僕の行った店では、このエベレストチャイという銘柄だけ何故か特別仕様になっていて、黒地に金というかなり高級感あふれるデザイン。

気に入ったティーポットを購入した記念に試しに買ってしまいました。

チャイはスパイスが効いてポカポカする

今まで飲んだチャイが偽物だったのか? そう思わせるぐらいにこの茶葉は香りが強いです。

これまでフォートナムメイソンのような有名な茶葉も飲んできたんですが、チャイだからなのか、それともジャンナッツだからなのか分かりませんけど、とにかく香りが素晴らしいです。

そしてチャイというのは不思議なもので、なんだか身体がポカポカしてきて、頭までもスッキリ。 このスッキリさはコーヒーとはまた違う感じです。

「なんでだろう?」と調べてみたら、チャイにはスパイスが多数入っているんだとか。 頭がスッキリするのはカフェインではなくて、クローブという鎮痛抗菌作用のあるスパイスの作用なんじゃないかと僕は睨んでいます。

寒い今の季節、お仕事のお供にピッタリなお茶でした。

年末に良い買い物ができて良かったです。