水槽の水については硝酸塩の反応が出た段階で、メダカを追加で購入しました。 メダカ自体についても随分と慣れましたし、初期以外で死なせた個体は0だったので、今回は本命のメダカ。

今日は水草がダメになる前の話についてです。

白幹之メダカをお迎えしました

水槽で買うのに幹之メダカってどうなのかとも思ったんですが、エサやりするときは完全に上から見てる訳ですし、どうせ飼うなら幹之メダカのほうが良いかなと、思い切って買ってみました。

でも選んだのは白幹之メダカの方です。 チャームさんで5匹で約1,500円でした。 1匹50円もしなかった黒メダカとは格が違います… ただし、トップ画を見てくれると分かると思いますが、横見だと普通の白メダカにしか見えませんね〜

オンラインでメダカを買っても大丈夫なのか?

でも、それ以上に気になったのは輸送の方。 オンラインで生き物を買うというのは僕も初めてだったので、「どんな具合で届くんだろう?」と心配に思ったからです。

チャーム メダカ 梱包
kanau.page

実際はダンボールの中に発泡スチロールの箱が梱包される形で届きます。 そして、その発泡スチロールの箱の中にメダカの入ったビニール袋(店頭で使われるいつものアレ)が入っているのですが、ここも緩衝材等で丁寧に保護されています。 暑い時期だったので、保冷剤も入っていた気がします。

メダカが入っているビニール袋も二重に重ねてあるので、想像以上に頑丈に仕上がってます。 袋に入っている水にしても、近所で買ってくる場合と違ってかなり多めです。

当初は疲れた状態のメダカとご対面するだろうと想像していたんですが、思った以上に元気なメダカが届いて驚きました。

ここまでコストをかけた発送方法で割に合うんだろうかと考えてしまった僕がいます。 僕の住んでる地域にはメダカブームは来ていないのか分かりませんが、とにかく品揃えが悪く、楊貴妃メダカでも300円くらいが相場になっていて、白幹之なんてそもそも売っていないんですよ。 そんな中、ネットで安全に買えてしまうというのは、純粋にすごいと思いました。

買ってすぐに塩浴した

見た目はかなり元気なので、塩浴は不要そうに思えるんですが、僕はそれでも塩浴させました。 買ってきた個体で塩浴できるものは、基本的に塩浴させると決めたからです。

この白幹之メダカが我が家に来てから随分と経ちますが、元気に泳いでます。

塩浴が終わり水槽に移したら、まさかの抱卵!?

塩浴を3日間、そこから真水に戻していくのに4日掛け、その後水槽に戻したのですが、そうして初めて卵をつけていることに気づきました。 どうやら塩浴で使ったケースの中で、既に卵を生んでいたようなんです。 こんなこともあるのかとビックリなんですが、そもそもオスとメスの数を数えていなかったので二重の意味で驚きました。 いやぁ、こういうこともあるんですね〜

うまく成長させることができればかなり嬉しいんですが、この僕にやりきれるのか少し不安が…。

この日以降、毎日卵をつけるようになってしまい、その準備もしないといけなくなりました。 おかげで最近は仕事と稚魚のための準備と水草についての勉強とを並行して行っていて、おかしいほど忙しい日々を送っています… ようやく記事としてまとめる時間ができたので、今になってまとめている次第です(汗)