僕の基本方針として底砂にソイルは使わないことにしています。 これは底面フィルター云々の話でなく、僕が「マンション住み」という理由からです。

マンションって排水口が詰まるリスクもあるし、ソイルの廃棄方法にしても自治体ごとに決まり事があって、ソイルを使おうとすると意外と気にしないといけないポイントって多いんですよ。 一軒家のように、庭にポイッとすれば終わりって訳にはならないのがマンション住みのデメリットなんじゃないかなぁ。

ソイルは崩れる

ソイルを使いたくない理由は、知っての通り、ソイルは粒が崩れて最終的には泥になってしまうから。 そして底砂の掃除等で一緒に取り出されたソイルの破片や泥が、排水口等の所謂共用部分に詰まってしまった場合は、最悪のケースだと業者を自費で呼ぶ必要が出てくると思われます。

ソイル自体も毎年交換するとお金がかかりますから、可能な限り崩れない底砂を選びたい訳です。

セラミックの底砂とは?

セラミックって硬いんじゃないの?

「メダカの焼玉土」という商品がスドーから発売されています。 ネットの情報ではセラミック製の底砂らしいので実際に買ってみましたが、思った以上に柔いです。

セラミックは硬くて崩れないという前情報とは裏腹に、こいつは簡単に崩れてくれます。 プロホースでの掃除を前提とした使い方だと、何年も使い続けられるものとは思えません。

そもそもセラミックって何?

脆いセラミックということに違和感があったので、セラミックについて調べてみました。

Wikipediaによると一番最初に「セラミックとは陶磁器を指す」と書かれてます。 そして陶磁器について掘り下げていくと、大きく4つの分類になっていることが分かります。

  • 土器
  • 炻器(せっき)
  • 陶器
  • 磁器

これらはそれぞれ名前が異なっていることから分かるように、同じセラミックであっても特性が異なっていることを意味してます。 また、これらの差についてですが、材料に含まれる成分や作り方自体にも関係があるとは思いますが、一番分かりやすいのは焼成したときの温度です。

種別 焼成温度  硬さ
土器 1000℃以下  軟質
炻器 1100~1250℃ 硬質
陶器 1200℃以下 軟硬質
磁器 1350℃以上 硬質

基本的には「粘土を高温で焼けば硬くなるよ」ということですね。 そしてその粘土に鉱物や石を追加して焼くことで、更に硬さが増すという具合です。

で、この記事の最後の方でも紹介するんですが、チャームで販売されている「ろ過システムソイル」という商品は僕が触れた中で一番カチカチの底砂になるんですが、これには長石が含まれていると明記されているんです。 長石を粘土に混ぜるのは磁器と同じですので、ろ過システムソイルが硬いのも「なるほどな」と納得しちゃいました。

ちなみに赤玉土は600~900℃で焼成しているらしいので、土器と同じジャンルに入るのかなぁ。 まぁそうなるとソイルもセラミックの一種と言えるのかもしれませんが…。 もしかすると業界の人がセラミックという言葉を使わないのはここに原因があるのかも?

まぁいずれにせよ硬いセラミックソイルを見つけるには、

  1. 1000℃以上の高温で焼成していること
  2. 成分に注目すること

の2つがポイントになりそうです。

ここでは材料と温度にだけ注目してますが、実際の陶磁器は釉薬を使って表面をガラスでカバーしてしまうので、陶磁器の情報はあくまでも参考程度にしかならない点に注意です。

硬質なセラミックソイルの特徴

ここから以後は分かりやすいよう、ソイルも含めた総称をセラミックソイルという名前とし、硬質なセラミックソイルと一般のソイルのように分けて書くこととします。 あくまでこの記事内での書き方ですので、その点については御注意を。

肥料が必要

硬質なセラミックソイルには、一般的なソイルとは違って栄養成分が入っていません。 高温で焼成する過程で消えちゃうんでしょうかね。 このあたりは専門外なので分かりませんが、これを使って水草育成を行う場合は、肥料を別途添加するする必要があります。

この点については砂利と全く一緒です。

多孔質構造をもつ

砂利はセラミックソイルと違って、絶対に崩れることやカスが出ることはありません。 マンション住みには理想的な底砂かもしれません。 でも、セラミックソイルならではの多孔質構造という性質は砂利にはありません。

僕はこのためだけにセラミックソイルを選んでいる訳ですが、その理由は多孔質構造はバクテリアの住処となり、水質を安定させる働きを持つからです。 明確に検証した訳ではないですが、シュリンプのように水質変化に敏感な生体を飼う場合に向いてるような気がしてます。

セラミックであっても削れる

幾つかセラミック製の底砂を使ってみて分かったことですが、硬質なセラミックソイルは一般的なソイルのように潰れることはなさそうですが、粒同士が擦れることで削れていく可能性はありそうです。

ただ、それは水中から取り出した場合の話です。 水中では故意にそうしようと思わない限り、基本的には問題にはならないように感じてます。 少なくともプロホースで掃除するレベルでは大丈夫そう。

比重が軽い

硬質なセラミックソイルは高温で焼成して中に空洞がたくさん作られているので、砂利や一般のソイルと比べると、どうしても比重が軽くなってしまいます。 はじめて硬質のセラミックソイルを使った人は、間違いなく「水草を植えるのが難しい」と思うはず。

でも、これについては慣れます。 余程浮力の強い水草じゃない限り、そこまで困ることはないんじゃないかな。

おすすめのセラミック系の底砂

寿工芸 ろかジャリ

ゼオライトを配合した商品です。 一般的なゼオライトと異なり、吸着した成分の水中放出がないと謳っているのが一番の特徴だと思います。 僕としてはゼオライトのイオン交換機能があるので、水草育成と相性が良い底砂だと思ってます。

使い始めはやたらと水が濁ります。 底面フィルターだと濾し取れない粒子サイズのようで、ここでも一回リセットしてます。 バケツで10回以上洗っていると、そのうち濁らなくなります。

リーフ ろ過システムソイル

チャームで販売されている商品です。 他と違って、「ろ過システムソイル」は色が黒寄りです。 黒寄りとしたのは完全な黒ではないからで、正確にはグレーに近いです。 時々明るい色の粒が見受けられるので、もしかしたら着色してるのかも? とはいえセラミック製の底砂は多くが明るい色の物ですから、色揚げ目的等で重宝すると思われます。

それから、ろ過システムソイルはほとんど濁りが出ません。 使い始めがすごく楽です。 しかもめちゃ硬い。 このリストの中では一番硬いです。

粒サイズについては割と均一で、1~2mm前後。

ニッソー 崩れない焼成ソイル

ろかジャリのような色合いが良いけれど、ゼオライト配合は困るという場合に選択肢に上がると思うのがこれ。 ゼオライトが配合されているとイオン交換機能が邪魔をしてしまって、塩浴や薬浴ができませんからね。

ただ、上の2つより焼成温度が低いのか、崩れやすい気もします。

底面フィルターには濾材を使っても良いかもしれない

ろ過システムソイルのように、濾材として作られたものは基本的に硬質なセラミックです。 ですから、底面フィルター利用時に濾材を底砂として敷き詰めるというのも全然アリだと思うんです。 実際、底面フィルターは底砂を濾材として使っている訳ですから、本物の濾材を使ったって問題ないはずですよね。 というか性能的にはその方が良いはず。

ただ確実に言えるのは、多くの濾材は底砂として使おうとすると、水槽の見栄えがどうしても悪くなってしまいがち。

まぁ要はバランスですね。 サブ水槽みたいな、見た目よりも実用性が求められる環境では良いんじゃないでしょうか?