黒髭に困っていた頃、メダカのエサを減らすことで対応した時の話です。

背骨が曲がる

それまで一日2回それぞれ2分程度で食べれる量のエサをあげていたのを一日1回に減らしました。 しかし、ある程度時間が経ってから、背骨の曲がった個体が出現しだしました。 15匹のメダカのうち3匹にその症状が現れました。 まだ1歳にもなってない頃だったので、老化としてはあまりにも早く、これは老化以外に原因があるとしか思えません。 エサを減らしたことによる栄養失調の線が濃厚でしょう。

白メダカに顕著

これまた不思議なことですが、こういった症状は白メダカに顕著に現れました。

元々白メダカは虚弱体質的な噂がありますが、実際に飼育しているとそれは本当のように感じられます。 少なくとも我が家の白メダカはDNA的に成長が遅く、体格もヒメダカより一回り小さくなりがちです。

エサをあげてみると良く分かるのですが、黒メダカやヒメダカの方が体格が良いので、どうしても競争に負けちゃうんですね。

エサの減少による影響をモロに受けてしまったがために、白メダカに顕著に「背骨が曲がる」といった異常が生じてしまったのだろうと推測してます。

現在、与えるエサの量は元に戻しています。 異常な個体の出現も起きなくなりました。

コケ対策はエサ以外で考えるべき

コケ対策でエサに手を付けるのは、確かに効果はあるものの、生体が健康であってこそのアクアリウムですから、あまり声高に推奨するようなものじゃない気がします。 弱った個体を見るのは気持ちの良いものじゃないですから。

以前、コケ対策で一番重要なことって、やっぱり。という記事を書きました。 ここにもあるようにエサを絞るくらいなら、そもそもの魚の数を調整してあげる方が断然良いはずです。